裾まで

 

今年もいろいろ新しいものに

ひそかに挑戦していました。

 

彫刻刀と模様の組合せもその一つです。

 

これは、

石けんのかたちを丸く整えるところ

から始まります。

 

整えるのも型があります。

少し尻つぼみに。

そして、ストンと整えるので、

石けんの端まで彫ります。

 

模様がつぶれないように力を抜くこと

も大切です。

中央が彫刻刀であるために、

持ち方がさらに困難になっていて

そういうところが面白いところです。